平屋のメリットとデメリット

平屋(ひらや)住宅は、建物を階数によって区分した場合の一つで、1層の建築物を意味します。簡単に言うと、1階建ての建物のことです。

平屋は、1層の床、天井、屋根と壁で構成されており、建築物の構造としては最も単純なものであり、古来より幅広い用途の建築物に用いられてきました。

注文住宅を建てる際には、2階建てや3階建ての建物を建てることが多いのですが、様々な理由から平屋を好んで建てる人もたくさんいます。

今回は、そんな平屋住宅を建てる理由やメリットとデメリットなどを説明したいと思います。

まず、平屋建てを希望している人の中で、最も多い理由に挙げられているのが、老後にも快適に過ごせそうだからというものです。

平屋は建物内の動線が横方向にのみ存在し、縦の動線がないため、完全バリアフリーの設計がしやすいのが特徴です。

2階建て、3階建ての建物で完全バリアフリーにしようとするとホームエレベーターの設置が必要になりますので、割高になってしまいます。

その点で、平屋は老後も安心・安全に快適な生活をおくれる家を作りやすいのです。

平屋のメリットは、他にもたくさんあります。

まず、構造的に耐震性が高く地震に強いということが挙げられます。

私たちが住んでいる日本は地震大国ですから、家を建てる際には、地震対策を考える必要があります。

建物の重量が重くなればなるほど、地震が発生した時の揺れも大きくなるのですが、平屋は1層しか建物が無い分だけ建物全体の重量が軽いので、地震に強いのです。

また、建築後のメンテナンスがしやすいのも大きなメリットです。

家というのは建てたら終わりではなく、その後も定期的なメンテナンスが必要になります。

平屋は構造がシンプルですので、どこか修理する必要が出てきた場合にも、比較的容易に安価に直すことができます。

例えば、2階建てや3階建ての外壁修理の場合、足場を組む必要がありますが、平屋の場合には足場を組む必要がありません。

2階建てや3階建てに比べて、延べ床面積も少ないので、日常の掃除が楽というのも特に主婦にとっては大きなメリットです。

次に、平屋のデメリットです。

同じ広さの土地に建物を建てる場合、2階建てや3階建てに比べて平屋はどうしても床面積が少なくなります。

部屋を広くしたり、部屋の数を増やすためには、予行方向に広げるしか方法が無いので、必然的に広い土地が必要になります。

そのため土地の坪単価が高い都市部では、平屋住宅は建てにくいのが現実です。

日照の確保が難しい部屋が増えるというのも平屋のデメリットの1つです。

平屋住宅は、床面積が広くなり大きくなるほど、その建物の中心部は日照を確保するのが難しくなります。

長方形のように細長い形状の建物であれば大丈夫ですが、正方形に近い形になればなるほど、その中心部の設計が難しくなります。

中庭を設けるなどして、採光と通風を確保する工夫が必要になってきます。

いくつか平屋のメリットとデメリットを挙げましたが、デメリットは、設計の工夫次第で解決することができることが多いです。

平屋住宅の最大の問題は土地の確保と言えるでしょう。

核家族化が進み、未婚で一生一人で暮らすという人が増えていることもあって、平屋を建てたいと希望する人は増えているようで、大手のハウスメーカーも平屋の商品ラインナップを充実させています。

ただ、やはり、ハウスメーカーや工務店ごとに強みや弱みがありますので、平屋を建てるのに適した住宅メーカーを見極める必要があります。

このホームページでは、平屋住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカーや工務店なども順次紹介していきますので、平屋を検討している人はぜひ参考にして下さい。

各ハウスメーカーの特徴や選び方の基本を学びたい人はこちらのホームページがおすすめです。